ホーム » 庭木の選び方 » マサキ

マサキ

マサキの写真

マサキは、うちにも2本あります。
平凡な木ですが、生垣の樹種としては、最高の種類です。

マサキを生垣しておすすめする理由

生垣としておすすめなのはいろいろ理由があるけど、マサキは葉っぱが割と細かい。
でも、細かすぎない。

そして、丈夫。元々海岸植物なので、空気が悪いところ、風の強いところでも育つ。

あとは、枝が暴れにくい。プリペットとかレッドロビンなど生垣の定番樹種に比べて、育ち方がおとなしいです。 

同様のものとしてはウバメガシとかがあるけど、ウバメガシは枝が硬い。もっともウバメガシはどんぐりが成るので、葉っぱ自体には面白みはないけど別の楽しみがあるしね。

金芽マサキ

一番おすすめなのが、金芽マサキ。

こらは、新芽が金色なのです。

「ウソでしょー」と思う人もいるかも知れないけど、これがホントなのです。

ウォーキングしているときに、金芽マサキを見つけたのですが、すごかったです。
金色っぷりが。

といっても、レッドロビンの赤と一緒で、金色は期間限定、芽がしっかりしたら緑色になるんですけどね。
それでもおすすめです。 

斑入りマサキ

文字のとおり、斑入りのマサキです。

生垣じゃないけど、うちにもあります。
割と落ち着いた趣きのところに植えられている(植わっている)ので、たびたび強剪定するんだけど、それでもたくましく生えてきます。

それだけ丈夫なのかなぁ?

普通のマサキ

10年以上前に買って、いつか地植えにしようと思っているものを、未だ鉢に植えっぱなしにしてあります。

最初はあまり好きなじゃなかったけど、最近は、愛着が湧いてきました。 

ベストシーズン:春

,,,

 
 

↑【送料無料】セット商品も販売中。↑ ♪合計3980円以上で【送料無料】♪※当店(楽天市場 花と緑)は北海道、沖縄県への発送は行っていません、予めご了承願います。 詳しく見る
 
美しい斑入り葉、生垣や目隠しに最適 詳しく見る
 
葉の中央に黄色斑入り 詳しく見る
 
 
マサキのような低木 詳しく見る
 

Supported by 楽天ウェブサービス

 
ガーデニング初心者だった頃の失敗談
 
バラのブーケ