ホーム » ガーデニングのノウハウ » 庭木の選び方 » 落葉樹と常緑樹

シンボルツリーは落葉樹にするか常緑樹にするか

スポンサード・リンク

落葉樹とは・常緑樹とは

落葉樹=冬に葉を落とす木

常緑樹=冬でも葉っぱがある木

です。どっちにもメリットとデメリットがあります。

落葉樹は紅葉が楽しめるけど、葉っぱが落ちる。

寒い場所では常緑樹が植えれない場合もある

もともと、常緑樹は暖かい場所で育つ樹木です。

もちろん寒い場所で育つ常緑樹もありますが、適地というものを考える必要があります。

「街路樹や公園で育ってる木ならば大丈夫」というのがひとつの目安になるかも。

ネット通販でシンボルツリーを買うときは、じゅうぶん気をつけてください。

わたしの知り合いのシンボルツリー

知り合いは、大きくなりすぎる落葉樹(ケヤキ)をシンボルツリーにしたので、奥さんが毎日隣の家まで掃除に行ってるそうです。

うちにも落葉の庭木(イロハモミジ)がお隣さんの近くに植えてあるのですが、目が行ってない。ヤバイ…。

常緑樹も葉が落ちる

葉っぱには寿命があるので、常緑樹とは言えど、葉っぱは多少落ちます。

落葉樹の十分の一ぐらいなので、あまり深刻に考える必要はないですが、念のため。

 
 
ガーデニング初心者だった頃の失敗談
 
バラのブーケ
Zen garden, Maple,Japanese garden