ホーム » ガーデニングのノウハウ » 花壇の土づくり » 肥料の三大要素

ガーデニング初心者は覚えておこう・肥料の三大要素

スポンサード・リンク

植物を育てるための要素・NPK

植物が育つためには、

  • N:窒素
  • P:リン酸
  • K:カリ

肥料(土)には、植物が育つために必要なものがひと通り入っています。

いわゆる、NPKというものです。

NPKとは

窒素(N)とは

窒素は、植物の葉っぱを成長させるために必要な肥料です。
窒素が少ないと、葉っぱが黄色くなってしまいます。
窒素が多すぎると、葉っぱばかり茂って、花付きが悪くなります。
また、病気の原因にもなります。

 

リン酸(P)とは

リン酸は、花や身のための肥料です。
花をたくさんつけるためには、燐酸が必須です。
なので、ガーデニングには必須の肥料。
多すぎはいけないけど、多めがいい肥料です。

 

カリ(K)とは

カリ(加里)は、いわゆる「根肥」というもので、根の生育を助けるものです。
カリが少なくなると、根腐れを起こしてしまったり、病気になりやすくなったりします。

 

化学肥料

化学肥料は、上記のNPKを適正に調節したものです。

なので、バラ用肥料、ガーデニング全般、水稲用などなど、いろんなタイプの肥料が売られています。

有機肥料と比べると、配合比が適切なので、使いやすいです。

ただ、あえて有機肥料だけでやってる友人ガーデナーも、何人もいます。

わたしのガーデニングは、主として有機肥料、補助的に&植えた後に化学肥料を使ってます。

 
 
ガーデニング初心者だった頃の失敗談
 
バラのブーケ
Zen garden, Maple,Japanese garden