ホーム » ガーデニングのノウハウ » 花壇の土づくり

花壇の土をしっかり作って素敵なお花を咲かせる

スポンサード・リンク

ガーデニング初心者、花壇をこれからつくろうという人、みんな、まずは土を作りましょう!

土そのものについて

今、庭にある土を利用できるなら、それにこしたことはないです。

できるだけ庭土を利用して、補助的に堆肥などをすきこんで土壌改良をしていくのが一番コストがかからない方法だと思います。

ガーデニングの土

ホームセンターなどに行くと、ガーデニングの土が売ってますが、あれは主としてプランターに使うものです。

一袋12リットルとか、20リットルとか。

その程度の量だと、かなりたくさん購入しなければならないので、財布の中身が空っぽになります。

庭土を豊かにする土壌改良材とは

土壌改良材とは、花壇や庭木の土を植物のために豊かにすることです。

土壌改良のコツ

庭の土はどんな土ですか?

それによって土壌改良の方法も変わってきます。

造成地など、ガーデニングに適していない場所では、葉っぱなどが腐敗してできた有機物をすき込むことにより、土が豊かになります。

肥料について

肥料にもいろんな種類があります。

有機肥料にもいろいろあるし、化学肥料だと、植物に必要な要素がバランスよく配合されています。

 
 
ガーデニング初心者だった頃の失敗談
 
バラのブーケ
Zen garden, Maple,Japanese garden