ホーム » ガーデニングのノウハウ » 生垣の樹種の選び方 » 生垣は管理が必要

生垣を作るときは、管理のことも

スポンサード・リンク

生垣の剪定は、意外と面倒

いや、詳しく言えば、生垣の剪定は結構楽しいのです。
剪定鋏が切れる限りは。バリカンだと、もっと楽しい。

が、問題は、その後なのです。
ゴミの処理が、大変なのです。

膨大な量の剪定ゴミが出ます。

意外と管理が面倒な生垣:プリペット

生垣用樹木として人気のプリペット。

清楚で素敵なお花を咲かせるプリペットなのですが、とにかく横に広がります。

プリペットは、上に伸びるというよりも、横に広がっていきます。

細目に剪定しないと、かなり見た目が悪くなるので要注意です。

逆に言えば、細目に管理していれば、とっても素敵な生垣を作ることができる樹種ということです。

 

遮蔽と生垣の剪定の関係

生垣は、剪定すれば剪定するほど、葉は密になる

頻繁に剪定するのは面倒だけど、一度に出るゴミの量は少ないです。

剪定することにより新しい枝が生えてくるので、結果として細やかで密な生垣ができあがります。

病気にもなりにくい

頻繁に刈り込めば、生垣を薄くできるので、中に変な害虫(毛虫とかハチの巣)がつくリスクが減ります。
わたしは、虫にヤラれました。

管理を怠ると(大事)

伸び放題の生垣は上だけではなく、横にも広がります。
すると、中のほうの葉っぱは枯れてしまうので、剪定すると枝ばっかりのスカスカの生垣になってしまいます。

最終的な高さを考えよう

成長の早い木は管理が大変

髙垣友人 の家の 隣の家の外構を定点観測してたときのことです。(毎週おじゃましてました)

隣の家にシラカシの生垣(と言っても目隠し用に数本)が植えられたのです。

シラカシは放っておいたら10メートル以上になるので大丈夫なのかなーと思い友人にそれとなく言ってみたら、
「あそこはうちもトイレがある場所だからちょうどよかった」
との返事。

でもわたしは5年後が心配です。

親戚の家は、2階のリビングから、高枝切りバサミを使ってシラカシ(アラカシかも)の生垣を切ってます。写真ではわかりにくいけど、左のような感じ です。

成長が早い木はとにかく剪定が大変です。

 

2メートルぐらいの生垣になると、高いところの刈り込みは難しいので、どのぐらいの高さにするかも 考える必要があります。
コードレスの生垣バリカンというのもあるので、高いところも剪定できなくはないけど、やっぱり危なっかしいと、個人的には思います。

 

成長が遅い木はイライラ

成長が遅い樹木は、刈りこみ頻度も少なくてすむけど、植えた当初はスカスカで寂しいです。

特にツゲ(ボックスウッド)は、葉が細かくて生垣によく使われる樹木だけど、成長がとにかく遅い。

いったん成長してしまえば、ものすごく極め細やかな生垣ができるんですけどね。

 
 
ガーデニング初心者だった頃の失敗談
 
バラのブーケ
Zen garden, Maple,Japanese garden