ホーム » 庭造りのコツ » 舗装のDIY » 石張り(乱張り)のコツ

ジュラストーン・鉄平石張りのデザインとコツ

スポンサード・リンク

乱張りに使われる石の種類

庭づくりに使われる石なんて山ほどあるわけですけど、ここでは平板系(四角いの)じゃなくて、乱形の石について紹介したいと思います。

いわゆる、「乱張り」に使われる石です。

鉄平石

和風庭園によく使われる石です。
ナチュラルガーデンに使っても素敵です。

でも、ホームセンターで売ってるのは高い。高すぎる(-.-)なんで?

諏訪鉄平石とか信州鉄平石とかいうのが有名なのですが、軽井沢に行ったとき、なんとかの滝(名前忘れた)の近くで大量に転がってるのを見たときは、 思わず持って帰りたくなりました。

ジュラストーン

DIYだけじゃなく庭づくり全般で最近すごく流行ってる石。

白っぽかったり黄色ぽっかったり。

DIYでジュラストーンを貼った友人1名、玄関前がジュラストーンの友人2名です。

乱張りの流儀とコツ

乱張りというからと言ってやみくもに乱れ張りするのではないです。
ちゃんと流儀があります。

  • 目地に直線を作らない
  • 目地を交差させない

この2点が重要です。

ジュラストーンの貼り方
 

そういう観点から下の石貼りを見てください。

DIYで張った石

こうやって考えると、石張りも「かっこよく」するのは難しいですね。

DIYでのジュラストーン貼り

実際にやってみるとわかりますが、DIYで石張りをすると右のような感じになると思います。

ジュラストーンの貼り方イメージ図 DIYでのジュラストーン張りイメージ図

外構業者にお願いしても左のように目地を詰めて貼ると職人さんの日当は1.5倍に跳ね上がります。
それだけ目地を詰めて貼るということは難しいということです。

庭づくりは自己満足も入ってるので、右のような感じになってもいいのかなー、ってわたしは思います。

 
 
ガーデニング初心者だった頃の失敗談
 
バラのブーケ
Zen garden, Maple,Japanese garden