ホーム » 庭造りのコツ » レンガ積みのDIY

レンガを積んで感じたこと

スポンサード・リンク

レンガを積むにあたってわたしが感じたことです。

レンガは重い

レンガ積み専用のレンガは特に重いです。わたしが父と積んだドイツレンガは、片手で持つのがしんどいぐらいでした。

分厚いレンガ=たくさん積まなくても高くできる

と考えたわたしは、ホームセンターで一番高い(分厚さも値段も)レンガを運んでもらったのですが、買ったときにあまり重さのことを考えなかったので、実際に庭造りするときになってはじめて重さを実感しました。

レンガは高い

レンガ積みにかかった費用はわたしのお金じゃなかった(父)ので助かりましたが、父は引いてました。
1個150円のレンガを買うのと1個300円のレンガを買うのでは2倍違います(当たり前か)。
この当たり前を私たちはレンガを買ったあとに気づいたのです。

レンガ300個買ったら、45,000円も違いますからね。

レンガは切らなきゃいけない

どうしても端っこが納まらないところが何箇所もありました。

これはレンガ敷きでもおんなじだけど、レンガは切らなきゃいけないので、グラインダーという工具が必要です。

レンガ積みの写真

あんまりきれいに撮れてない、素敵な((?o?))のレンガ積みの写真です。

わたしは真ん中のがスキ。ワイヤーで植物を誘引してました。
これはたしか2メートルぐらいの高さの本格的なレンガ積みだったはず。
DIYの領域を超えてますね。

レンガ積み写真1

↑たぶん八ヶ岳で撮影した写真↑

レンガ積み写真2

↑某植物園にて撮影↑

レンガ積み写真3

↑どこで撮ったか忘れちゃった↑

 
 
ガーデニング初心者だった頃の失敗談
 
バラのブーケ
Zen garden, Maple,Japanese garden